根暗クラクラ目が回る
「……こっちとこっち、どっちを咥えたい?」
右手には重く鈍い光沢を纏う銃、左手には男の赤黒く怒張した一物。狂気に満ちた二択を突き付けられ、白月は息を呑んだ――。

****

恋人に騙され多額の借金を背負うことになった白月泉はまさに人生のどん底にいた。そんな時、謎の美女に、かつての友人である加賀井宗親と仮初の恋人となればその借金を肩代わりする、との話を持ち掛けられるが……――。



無料レンタルランキング
@RankS